トップ / 健康管理は食事と野菜管理

美しい陶器

健康を考えるならお弁当持参で! 

健康管理に必要なのは、何といっても食事です。野菜をたくさん食べる、肉ばかりでなく青魚も食べる、何でもバランスが大事、薄味に心がける、インスタント食品は控える等、様々な決まり事があります。働く人にとって、昼食に何を食べるかは重要です。忙しさのあまり、よく考えてない人も多いですが、健康の事を考えると、やはり愛情がこもった、手作りのお弁当が一番です。何といっても添加物が控えめなので塩分も少なくなり、野菜やお肉・魚をバランス良く食べる事が出来ます。コンビニでラーメンやパスタばかり食べるのは栄養が偏り、将来的に体も長続きしません。

元気を保つためにはお弁当持参 

健康を保つためにはお弁当を持参するようにした方が良いです。外食やコンビニなどの弁当は味付けが濃く、体に悪い場合が多いからです。また、栄養的にも偏っているものが多いので、自分で栄養価の優れたものを持参する方が良いのです。いくらお弁当を持参したとしても、健康的でないものを入れていたのでは意味がありません。冷凍食品やレトルト食品を使ったようなものでは、外食と何も変わらなくなってしまいますから、注意が必要です。自然の食品を使い、シンプルに調理し、薄味を心がけることがとても大切です。また、野菜を多く入れるようにしましょう。

ビタミン摂取と健康情報

© Copyright ビタミンは健康の土台. All rights reserved.