トップ / 無呼吸症候群のマウスピース

無呼吸症候群とマウスピース 

無呼吸症候群の治療にマウスピースが有効かというとそれだけではありません。中枢型と言われる脳神経刺激の変化によるも症状などではピースを加えたり装着して眠っても効果がありません。マウスピースで効果があるのはいびきをかくタイプの無呼吸症候群です。専門医の診察を受けて、どのような治療が必要なのかを診断してもらう必要があります。眠っている間に無呼吸になるということは体の中の酸素が足りなくなるということですから、脳をはじめ心臓や下部組織にも影響があります。

ビタミン摂取と健康情報

© Copyright ビタミンは健康の土台. All rights reserved.