トップ / 痛風 プリン体について

痛風予防のためにプリン体を抑える 

痛風の方は、プリン体を多く含む食品の摂取を控えて、症状の発現を抑えたり緩和したりする必要があります。主に、鶏レバーや鮟肝、カツオやウナギなどに多く含まれていることはよく知られていますが、他にも、肉や魚から取った出汁にも、多くのプリン体が溶け出しているので、痛風持ちの人は注意すべきです。また、他にも、水分を多くとることで尿量が増加して、血中の尿酸値が減少します。また、野菜を十分に摂取することで、血液がアルカリ性に傾き、尿酸が尿中に溶け出しやすくなります。

痛風発作と尿酸値の関係 

痛風発作は高い尿酸値が原因で引き起こされる、主に足の親指の付け根で起こる炎症反応です。尿酸は正常な方でも血中に存在しますが、その濃度は7未満が一般的です。7以上になるとなんらかの原因で血中の尿酸が増えている可能性があります。尿酸の生成が促進されている人、尿酸の尿からの排出が停滞している人のいずれかで起こりやすいです。尿酸値が8を超えると尿酸が結晶として析出し始めます。ですか8を超えたら薬物療法は必要となります。また心臓から最も遠い足で析出しやすいため、痛風発作の際は主に足の指の炎症が起こるのです。

ビタミン摂取と健康情報

© Copyright ビタミンは健康の土台. All rights reserved.